虫歯と知覚過敏の違いについて|朝来市和田山にある歯医者なら『田中歯科医院』へ。セレックシステムを用いた審美治療にも対応。

  • 0796725080
  • 診療時間 9:00~13:00/14:30~18:30
    ※土曜~17:30まで
    休診日 木曜・日曜・祝日

ブログ

虫歯と知覚過敏の違いについて

知覚過敏 / 虫歯 

冷たい水やアイスクリームなどで歯が“キーーン”としみたとき、「虫歯?それともただの知覚過敏??」と思うことありませんか?

今回は虫歯と知覚過敏の違いについて書いてみたいと思います!

 

“なんで歯がしみるの?”

まずは“歯がしみる”とはどういう状態なのか説明していきましょう。

歯は一番外側のエナメル質、内側の象牙質、そしてその象牙質の中の歯髄(いわゆる神経)からできています。エナメル質は非常に硬く、歯を刺激から保護する役割を担っています。象牙質はエナメル質ほど硬くはないですが柔軟性があり、歯に力がかかった時にその力を緩和する役割があります。歯髄は歯に加わる刺激を脳へと伝える働きがあります。つまり歯の中の歯髄に刺激が加わることによって痛い、しみるといった感覚が起こります。

 

“虫歯ってどういう状態?”

虫歯とは具体的にどういう状態なのでしょうか。口の中にはさまざまな種類の口腔内細菌がいます。無害な細菌もいますが中には虫歯の原因となる細菌がおり、この細菌は口の中に残った糖分を使って酸を作ります。この酸によって歯が溶けるのがいわゆる“虫歯”です。

虫歯は初期段階ではまだ穴は開きません。表面のエナメル質が徐々に弱くなっていき、最近の作る酸に対抗できなくなっていきます。歯みがきによってしっかり汚れと一緒に細菌がとれていればエナメル質はもとのように強くなりますが、磨き残した状態が続き、もろくなったエナメル質に咬み合わせ等の力がかかると小さな穴が開きます。そこからさらに細菌が深いところに侵入していき、歯の中で徐々に広がっていきます。

“虫歯でなぜしみるの?”

エナメル質の内側にある象牙質には歯髄からとても細い管(象牙細管)が伸びています。虫歯により歯が溶けることによってこの細い管を通じて刺激が歯髄に伝わることによって歯がしみる、痛いといった感覚が起こります。

 

“知覚過敏ってどういう状態?”

では知覚過敏とはどういう状態なのでしょうか。歯は咬み合わせや歯ブラシを強く当てすぎると徐々に削れて行きます。また歯ぐきも加齢や歯周病、歯ブラシの当てすぎによって徐々に下がっていきます。これによって歯の頭や根の象牙質がむき出しの状態になり、刺激が歯髄に伝わりやすくなってしまうのが知覚過敏です。しみる原理は虫歯と同じく象牙質の細い管を通じて歯髄が刺激されることによります。

 

 

“虫歯と知覚過敏の見分け方は?”

虫歯と知覚過敏を見分けるのは難しいことが多いです。一見穴が開いていないようでも中で虫歯が広がっていることも少なくないので、きちんと歯医者さんで診てもらいましょう。穴が開いていたり、しみるのが一瞬ではなく10秒、20秒と長く続くようであれば虫歯の可能性が非常に高いので要注意です!

虫歯は早く治療できればその分神経を残せる可能性が高まります。神経が残せれば削る量も少なくて済むため歯の寿命は神経を取るより長くなります。一生自分の歯で食事出来るよう、しみるのが気になったらなるべく早く歯医者さんに行きましょう!

ページトップへ戻る